ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 観光情報 > 保戸島・無垢島

保戸島・無垢島

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年7月9日更新

◆保戸島
港より約14km。定期船で25分の豊後水道に浮かぶ周囲4kmの保戸島は、マグロ漁業の島として全国的に有名です。その遠洋マグロ漁業の漁船は、この島を拠点に出港しています。保戸島のマグロ漁業の歴史は古く、明治36年頃に始まり、今や保戸島の漁業を支える柱となっています。
島は平地が少なく、海岸から山への急な斜面に3、4階建ての住宅がひしめくように建ち並んでおり、その風景は地中海の漁港を連想させられます。
また、「未来に残したい漁業漁村の歴史文化財産百選」にも選定されています。

保戸島

◆無垢島
港から約16kmの豊後水道に浮かぶ、椿アイランド無垢島。大分県下にある7つの人が住む離島のうちで一番小さな島ですが、豊かな海の幸に恵まれている島です。
自然の豊かなこの島では、約1億4000万年前の地層が海岸の岩場に露出しており、2枚貝の化石など多く見られます。大学教授を招いて化石採集や天体観測などさまざまな体験学習も行っており、まさしく自然あふれる宝の島となっています。

無垢島