ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

戸籍の請求

印刷ページ表示 更新日:2018年5月29日更新

戸籍の請求

請求することができる方

1.戸籍に記載されている本人、またはその直系親族(配偶者、父母、祖父母、子、孫)
2.自己の権利を行使したり、義務を履行したりするために戸籍の証明書が必要な方
3.国または地方公共団体の機関に提出する必要がある方
4.その他戸籍に記載された事項を利用する正当な理由がある方

請求に必要なもの

ア.上記「請求することができる方」のの方が請求する場合
 ● 交付請求書
 ● 窓口に来られる方の「本人確認」ができるもの(マイナンバーカード、運転免許証等)
 ● 請求された戸籍に請求者の名前が載っていない場合は、請求者が直系親族であることを確認できる資料(戸籍謄本等)
イ.上記「請求することができる方」の2~4の方が請求する場合
 ● 交付請求書(請求の理由が明らかでなければ、説明を求めたり、追加資料の提出を求めたりすることがあります。 )
 ● 窓口に来られる方の「本人確認」ができるもの(マイナンバーカード、運転免許証等)

代理人による戸籍請求

 戸籍を請求することができる方本人が窓口に来られない場合は、代理人が請求することもできます。
 代理人が窓口に来る場合は、請求することができる方からの委任状をご用意のうえ請求をしてください。
   
  代理人選任届(委任状) 委任状は、要件を満たしていれば任意の書式でも構いません。

 津久見市は本人通知制度を導入しており、本人通知制度登録者の戸籍・附票について第三者から請求があり、戸籍等を交付した場合は、その旨を登録者本人に通知しています。

郵送による戸籍請求

 郵送により戸籍を請求する場合は、「戸籍等の郵送請求」のページをご覧ください。

本籍地以外での戸籍発行

 戸籍謄本・抄本は、原則として本籍がある市町村でしか発行できません。本籍が他の市町村の方は、直接その市区町村役場へお問合せください。
 ただし、大分県内に住所および本籍がある方で、その市町村が「おおいた広域窓口サービス」に参加していれば、現在の戸籍謄本・抄本を津久見市役所本庁の窓口で取得することができます。 ※すでに全員が除籍となっている戸籍は取得できません。
 詳しくは、「おおいた広域窓口サービス」のページをご覧ください。