ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 津久見市子育て応援サイト「つくみっこ」 > 目的でさがす > 保育園・幼稚園に預けたい > 保育所・認定こども園・幼稚園の利用について

本文

保育所・認定こども園・幼稚園の利用について

印刷ページ表示 更新日:2018年4月1日更新

市内の保育所・認定こども園・幼稚園

保育所

施設名 住   所 電話番号
明光保育園 津久見市上宮本町19番7号 0972-82-2442
白梅保育園 津久見市徳浦宮町5番14号 0972-82-2780
 

認定こども園

施設名 住   所 電話番号
向洋保育園<外部リンク> 津久見市中町5番36号 0972-82-3943
認定こども園 白蓮幼稚園<外部リンク> 津久見市大友町3番15号 0972-82-6161
認定こども園 カトリック津久見幼稚園 津久見市中田町2番68号 0972-82-3416
認定こども園 しらうめ幼稚園 津久見市地蔵町8番2号 0972-82-3510
 

認定こども園は、保育所と幼稚園のそれぞれの良いところを活かしながら、その両方の役割を果たすことができる施設であり、認定区分にかかわらず、すべての児童の受入が可能(※)です。

※ 認定区分については、後段に記載しています。

  園によっては受入ができない年齢もありますので、詳しくは園または社会福祉課にお問い合わせください。

幼稚園

施設名 住   所 電話番号
和順幼稚園 津久見市上宮本町18番10号 0972-82-1911
 

入園申込の方法

入園申込の方法は、認定区分により異なります。

認定区分について
認定区分 年齢区分 利用時間 保育の必要性(※) 利用可能な施設
1号認定 3~5歳 4時間 なし 幼稚園、認定こども園
2号認定 3~5歳 11時間 あり 保育所、認定こども園
8時間 あり
3号認定 0~2歳 11時間 あり 保育所、認定こども園
8時間 あり

※ 保育の実施を希望できる(2号認定・3号認定を申請できる)のは、その家庭が次のいずれかの事由に該当し、児童の保育を必要としている場合です。

 1.就労・・・1月あたりの就労時間が64時間(1日4時間、週4日)以上であること。

 2.妊娠・出産・・・母親が妊娠中または出産後間もないこと。 ※ 産前は出産予定月の前2月、産後は出産日から起算して8週間を経過する日の翌日が属する月の末日までの期間、施設を利用できます。

 3.疾病等・・・病気、けが、心身障害があること。

 4.介護・看護・・・同居または長期間入院等をしている親族を常時介護または看護していること。

 5.災害等・・・震災、風水害、火災等の復旧にあたっていること。

 6.求職・・・継続的に求職活動を行っていること。 ※ 最長3か月間(利用時間は8時間)、施設を利用できます。

 7.就学等・・・学校、専修学校等の教育施設に在学している。または、公共職業能力開発施設において、職業訓練を受けていること。

 8.虐待・暴力等・・・児童虐待の恐れがある、または、配偶者からの暴力により保育を行うことが困難であると認められること。

 9.育児休業中・・・在園中の児童で、母親が出産に伴い育児休暇を取得する間も、引き続き施設を利用することが必要であると認められること。

入園申込の方法

1号認定を申請する場合

幼稚園、認定こども園に直接申込を行います。

2号認定・3号認定を申請する場合

市役所 社会福祉課で申込を行います。

入園を希望する月の前月の15日までに、下記書類を提出してください。

次年度の申込は、12月1日から受付を開始します。(市報及びホームページでお知らせします。)

【提出書類】

◎入園申込に関する書類

 1 入園申込書 [Excelファイル/33KB]

 2 入園申込書(2枚目)【マイナンバー】(マイナンバーがわからない場合は、同意書【マイナンバー】を提出してください。)

 3 入所調書

 4 同意書【個人情報の取扱い】

◎保育を必要としていること(日中保育ができないこと)を証明する書類(※)

 ※ 入園を希望する児童と同居している65歳未満の方すべてについて提出が必要です。

 5 就労中の方・・・就労証明書(R3.4~) [Excelファイル/29KB]

        ※被用者でない方(自営業など)は、確定申告書の写しのご提出をお願いします。

 6 求職活動中の方・・・求職活動証明書

 7 就労中、求職活動中以外の方・・・申立書

  産前産後保育については、申込の際に母子手帳を持ってきてください。

※1号認定の申請には、1,2,4 が必要です。

  2号および3号認定の申請には、1,2,3,4 また、保育を必要とする書類 5 or 6 or 7 が必要です。

利用者負担額(保育料)

※保育料は、4月から8月分は前年度住民税、9月からは翌年3月分は現年度住民税により算定しますので、

金額が変更になる場合があります。

 なお、4月1日時点の年齢で決定した区分により1年間算定します。

      利用者負担額 [PDFファイル/48KB] 

【3歳以上児の利用者負担額について】

令和元年10月からの無償化に伴い、3歳以上児の保育料が「無料」となりました。

給食費及び施設が定める費用については施設ごとに異なりますので、具体的な内容については施設へお問い合わせくださ

い。

給食費(副食費)免除

1・2号認定で、年収360万円未満相当世帯の児童および第3子以降の児童について、副食費の負担が免除されま

す。

(注)第3子以降の児童とは

認定こども園(幼稚園部分)および幼稚園:同一世帯に小学校3年生までの児童が3人以上いる場合の3人目以降の児童

保育園および認定こども園(保育所部分):同一世帯に小学校就学前の児童が3人以上いる場合の3人目以降の児童

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)