ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

病後児保育室「ひまわり」をご利用ください!

印刷ページ表示 更新日:2016年6月1日更新

病後児保育とは、お子さんが病気の回復期にあって集団保育が困難な期間、保護者が仕事を休めないなどの事情があるときに、お子さんをお預かりする保育です。

病後児保育室「ひまわり」について

 住所 津久見市大字千怒6111番地の1 (中央病院横 「とぎ倶楽部」内)

 電話 0972-82-2800

R3病後児保育室「ひまわり」のご案内 [PDFファイル/556KB]

病後児保育室入口病後児保育室室内写真

利用できる児童 

生後6か月から小学校6年生までの津久見市に住所を有する児童であって、次の2つの要件にあてはまる場合にご利用になれます。

 1.病気の回復期にあり、医療機関による入院治療の必要はないが、安静の確保に配慮する必要があることから、集団保育または学校生活が困難な児童

 2.保護者が勤務の都合、傷病、事故、出産、冠婚葬祭等により、家庭で保育を行うことが困難な児童

利用できる曜日・時間(「ひまわり」が開所している曜日・時間)  

月曜日~土曜日 8時00分~17時30分

 ※ 日曜日、祝日、8月13日~15日、12月29日~1月3日はお休みです。

利用料

児童1名につき 1日…1,500円 半日(5時間以内)…1,000円

 ※ 生活保護世帯及び市民税非課税世帯については無料

 ※ 子育てほっとクーポンを使うことができます。

お預かりできる症状の範囲

病後児保育の受入基準は、下記をご覧ください。

受け入れ基準(病後児保育) [PDFファイル/271KB]

ご利用方法

1.事前に利用登録をしてください。

津久見市病後児保育事業利用登録票(第1号様式)」及び「同意書(第2号様式)」を市役所 福祉事務所に提出してください。

 ※ 利用登録は、年度内有効です。

 ※ ご利用当日の利用登録も可能ですが、手続きに時間がかかりますので、事前の利用登録をお願いします。

2.ご利用の際は、病後児保育室「ひまわり」に電話予約をしてください。

利用希望日の前日の16時までに電話で予約をしてください。 

「ひまわり」 電話 0972-82-2800

 ※ 1日あたりの利用定員は3名です。定員を超える場合は、利用ができません。

 ※ 1回の連続利用は原則7日以内です。

 ※ キャンセルをする場合は、利用当日の8時00分までにご連絡ください。

3.ご利用当日は、お子さまの状態を伺いますので、時間に余裕をもってお越しください。

 【ご利用当日の持ち物】

  □ 「津久見市病後児保育事業利用申込書(第3号様式)

  □ 「津久見市病後児保育事業利用医師連絡票(第4号様式)

  □ 「与薬依頼書」(与薬が必要な場合にお持ちください。)

  □ 薬(袋に必ず名前を記入してください。)

  □ マスク(咳がひどい場合)

  □ 利用料(お迎え時の支払いとなります。おつりのいらないようお願いします。)

  □ 着替え(下着含む。2組程度)

  □ 紙おむつ類(7枚程度。おしりふきもお持ちください。)

  □ バスタオル(2枚。お昼寝時に使用します。)

  □ タオル(3枚)

  □ おしぼりタオル(昼食時に使用します。)

  □ 食事用エプロン(必要に応じてお持ちください。)

  □ ビニール袋(3枚程度。洗濯物、汚れ物を入れるために使用します。)

  □ お弁当(お箸、スプーン等含む。)、おやつ、飲み物、コップ

    ※ 電子レンジ対応のお弁当箱であれば、電子レンジで温めることも可能です。

    ※ コップでまだ上手に飲めないお子さまは、使い慣れたマグカップをお持ちください。

  □ ミルク・哺乳瓶(飲む回数分小分けにしてお持ちください。)

  □ その他必要なもの(愛用のおもちゃ等)

◎ お子さまの症状が急変し、保育室の看護師が医療機関での診察が必要と判断したときは、「健康保険証」、「乳幼児医療証」、「お薬手帳」等が必要になりますので準備をしておいてください。

◎ お子さまの症状により、保護者の方に急きょお迎えをお願いする場合があります。

問い合わせ先

津久見市役所 社会福祉課 子育て支援班         電話 0972-82-9519

    または

病後児保育室「ひまわり」(中央病院横「とぎ倶楽部」内)  電話 0972-82-2800

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)