ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 消防・防災 > 避難 > 津久見市洪水ハザードマップ

本文

津久見市洪水ハザードマップ

印刷ページ表示 更新日:2020年4月1日更新

津久見市洪水ハザードマップ

 津久見市内の主要河川(津久見川・青江川)が大雨によって増水し、市内で堤防が決壊した場合の浸水予想結果に基づいて、浸水する範囲と水深を想定し、並びに各地区の避難所を示した地図です。
 大雨の規模は、津久見川・青江川流域のそれぞれ12時間総雨量629ミリを想定したものです。
 水害の恐れがあるときは、市から避難勧告や避難指示が出されますので、速やかに避難してください。大雨による災害が発生する場所や状況を日頃から把握し、雨の状況などに注意して、危険を感じたら早めに自主的な避難を心掛けてください。
 なお、地図に示した区域以外のところも、場所によっては浸水することがありますので、注意してください。
 日頃から、あなたの家から避難所までの経路や家族の連絡先を確認して、いざという時に適切な行動がとれるように、本洪水ハザードマップを利用してください。

※ ファイルサイズが大きいので、ダウンロードされる際はご注意ください。

 津久見川浸水想定区域図(地図面) [PDFファイル/6.81MB]
 津久見川浸水想定区域図(記事面) [PDFファイル/6.21MB]
 青江川浸水想定区域図(地図面) [PDFファイル/6.75MB]
 青江川浸水想定区域図(記事面) [PDFファイル/6.15MB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)