ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 本庁 > 総務課 > 税の徴収・滞納処分に対する取り組みを強化 県税事務所派遣職員及び市町村相互併任職員の辞令交付式

本文

税の徴収・滞納処分に対する取り組みを強化 県税事務所派遣職員及び市町村相互併任職員の辞令交付式

印刷ページ表示 更新日:2020年7月9日更新

取材日誌769

県税事務所派遣職員及び市町村相互併任職員の辞令交付式 

 7月8日、市役所にて、県税事務所派遣職員及び市町村相互併任職員の辞令交付式がありました。

 この取り組みは、大分県税事務所から職員(徴税吏員)の派遣および佐伯市、臼杵市、との職員相互併任による聴き取る強化対策として、7月から実施されています。

 今年度は、大分県税事務所特別滞納整理室から、8名の派遣があり、代表して、小野貴将さん、佐伯市収納課から9名の派遣があり、代表して吉田康邦さん、臼杵市税務課から、5名の派遣があり、代表して、山崎鉄夫さんが、それぞれ川野市長から辞令を交付されました。

 津久見市のさらなる税収確保に向け、職員のスキルアップや徴税技術の承継など、お力添えをお願いします。