ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 本庁 > 総務課 > 数々の作品やステージが彩る 津久見市文化祭

本文

数々の作品やステージが彩る 津久見市文化祭

印刷ページ表示 更新日:2019年11月14日更新

取材日誌696

第49回津久見市文化祭が開催されました

津久見小学校の演奏の様子です 俳句の作品です

俳画の作品です バンドのステージの様子です

堅徳小学校の演奏会の様子です 書道の作品です

盆栽の作品です 笛のステージです

演奏のステージの様子です フラダンスのステージの様子です

小学生の絵画作品です 千怒小学校の演奏会の様子です

青江小学校の演奏会の様子です 川柳の作品です

生花の作品です バンドのステージの様子です

保戸島小学校の演奏会の様子です 写真の作品です

バレエのステージの様子です

 11月8日・9日・10日の3日間、市民会館で「第49回津久見市文化祭」が開催されました。

津久見市文化協会が主催するこの催しは、今年で49回目を迎え、俳画や書道、俳句、川柳などの展示を行う「展示の部」に10団体、笛や琴、バンド、カラオケなどの音楽やフラダンスやバレエなどのステージ発表を行う「芸能の部」16団体が参加し、繊細な作品の展示や練習の成果を披露しました。

さらに、2日目の芸能の部のオープニングとして、大分市出身のシンガーソングライターとして幅広く活躍する中島晴香さんをゲストに招き、ミニライブを開催しました。3日間を通して会場には、たくさんのお客さんが集まり、秋の芸能文化を思いおもいに楽しんでいました。