ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 本庁 > 総務課 > 延長の末、敗れる 津久見高校硬式野球部準決勝

本文

延長の末、敗れる 津久見高校硬式野球部準決勝

印刷ページ表示 更新日:2018年10月4日更新

取材日誌498

津久見高校硬式野球部は、準決勝で明豊高校に3対4で敗れました

夏の大会ではこの敗戦を糧にして、頑張ります

選手のみなさん、大変お疲れ様でした。

 10月2日、第143回九州地区高校野球大会県予選の準決勝が行われ、津久見高校は、明豊高校と対戦し、3対4で敗れ、九州地区大会出場とはなりませんでした。津久見高校は、1回に先制され、同点に追いつくも、逆転されたりと、苦しい展開の中、粘り強さを見せ、6回に再度追いつきましたが、10回にサヨナラヒットを打たれ、あと一歩のところで、敗れました。

この敗戦を糧にして、夏の大会では、この日の悔しさを見返せるようなプレーを期待しています。選手の皆さん、関係者の皆さん大変お疲れ様でした。