ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 本庁 > 商工観光・定住推進課 > 新型コロナウイルスの影響に対する事業者支援について

本文

新型コロナウイルスの影響に対する事業者支援について

印刷ページ表示 更新日:2021年12月1日更新

 新型コロナウイルス感染症で影響を受ける事業者の方を支援するための各機関の施策をご案内いたします。以下に施策概要およびリンクを掲載しておりますので、ご参照ください。

津久見市の支援施策

  施策 内容 お問い合わせ先など
(1) 津久見市小規模事業者等事業継続環境整備支援事業補助金

コロナ禍においても事業を継続していくために、新型コロナウイルス感染拡大防止対策や売上増加のための効率化・発展を目的とした、店舗改修、備品購入、新商品開発、販路開拓などの環境整備を行った費用に対して、かかった経費の一部を補助します。​

●支給額:1事業者につき、補助対象経費の4/5(上限20万円) ※1,000円未満の端数は切り捨て

●対象経費:市内の店舗等で実施された感染防止対策または環境整備対策(効率化・発展が目的)にかかる以下の経費​

      店舗等改修経費・備品購入費・広報宣伝費・新商品開発経費・販路開拓経費・自己啓発費 など

       ※マスクや消毒液などの消耗品は対象外

※詳細↠「感染防止対策や環境整備対策を行う小規模事業者を支援します!​​」​

商工観光・定住推進課

☎0972-82-9542

(2)

津久見市小規模事業者等事業継続独自支援金(第2期)

【給付金】

令和3年8月から9月にかけて、新型コロナウイルスの感染拡大防止として、大分県が要請した外出自粛要請等の影響で、売上が一定以上減少した市内の小規模事業者の方を対象に、事業全般に使える返済不要な支援金を給付いたします。

●要件:

(1) 新型コロナウイルス感染拡大の影響により、令和3年8月または令和3年9月のいずれか1か月の売上高が、前年または前々年同月比で▲20%以上

(2)「大分県時短要請協力金」の給付を受けていないこと

(3)「大分県中小企業・小規模事業者事業継続支援金(第2期)」の給付を受けていないこと

(4)「月次支援金」(国)の8月分、9月分の給付を受けていないこと

●給付額: 5万円(上限額)

※詳細↠「市独自の支援金(第2期)を給付します​」

(3)

新型コロナウイルス感染症緊急対策特別資金への利子補給制度

【利子補給】

大分県の制度融資「新型コロナウイルス感染症緊急対策特別資金」の融資を受け要件を満たす方を対象に、津久見市が利子補給を実施します。

※詳細↠「津久見市の利子補給金制度について

(4)

※令和3年10月29日をもって申請期間が終了しました。

津久見市小規模事業者等事業継続独自支援金(第1期)【給付金】

令和3年5月から6月にかけて、新型コロナウイルスの感染拡大防止として、大分県が要請した外出自粛要請等の影響で、売上が一定以上減少した市内の小規模事業者の方を対象に、事業全般に使える返済不要な支援金を給付いたします。

●給付額: 5万円(上限額)

大分県の支援施策

協力金・給付金

  施策 内容 お問合せ先など
(1)

大分県中小企業・小規模事業者事業継続支援金(第2期)

【給付金】

●対象者:次のいずれの要件も満たす者

(1)大分県が要請した飲食店への時短営業や県民の外出自粛要請等の影響により、2021年8月または9月の売上が対前年または対前々年同月比で30%以上減少していること

(2)大分県内に本店または主たる事業所を有する法人(※)、個人事業者であること

 ※法人は次のいずれかを満たすこと

  1.資本金の額または出資の総額が10億円未満であること

  2.資本金の額または出資の総額が定められていない場合は、常時使用する従業員の数が2,000人以下であること

(3)2021年7月31日以前から事業を行っており、支援金を受給した後も、事業を継続する意思があること

※【注意事項】次に該当する場合は、給付対象外となります。

・国の月次支援金の8月分と9月分をともに受給した者

・大分県の時短要請協力金(8~9月の間に出された要請に係る分)を受給した者         など

●給付額:

上限額:法人30万円、個人事業者15万円

計算式:(2019年または2020年の8月と9月の合計売上) - (2021年の対象月(8月または9月)の売上×2)

※国の月次支援金を8月分か9月分のいずれか1か月分のみ受給している場合の給付額は1月2日

●申請方法:大分県HPからのオンライン申請または郵送での申請を予定しています。

●申請期間:令和3年9月21日(火曜日)~令和3年12月10日(金曜日)

※【注】国の月次支援金は、4月以降の緊急事態宣言等の影響を受け、売上が50%以上減少した事業者に対し、国が1月あたり法人最大20万円、個人事業者最大10万円を直接給付する制度です。8月と9月をあわせた金額では法人最大40万円、個人事業者最大20万円となります。8月か9月のいずれか1月分しか月次支援金を受給していない場合は、県の本支援金への申請も可能です。

※詳細↠「大分県庁HP<外部リンク>

事業継続支援金相談窓口(コールセンター)

☎050-6868-9277

受付時間:8時30分~17時30分(土日祝除く)

(2)

大分県時短要請協力金

【協力金】

※第1期~第4期は受付終了

飲食店営業許可または喫茶店営業許可を受けている県内の飲食店、遊興施設等を運営し、営業時間の短縮等(時短要請等)にご協力いただいた事業者に対して、協力金を給付します。

事業継続支援金相談窓口(コールセンター)

☎050-6868-9277

受付時間:8時30分~17時30分(土日祝除く)

飲食店支援制度

  施策 内容 お問合せ先など
(1)

大分県「安心はおいしいプラス」認証制度

大分県「安心はおいしいプラス」認証制度の認証取得等、より適正な感染防止対策を行うため中小・小規模の飲食業者が行う設備投資等を支援します。なお、補助金の申請を行う前に、認証制度の申請を行う必要があります。

●対象事業者:飲食店営業許可を受けた事業者

      (※テイクアウト・デリバリー専門の店舗は除く。)

      (※宿泊者のみに食事を提供する宿泊施設は除く。)

●補助額:1店舗ごと上限30万円(千円未満を切り捨て) ※消費税は補助額に含まれません。​

●申請受付期間:令和3年6月25日(金曜日)~令和3年12月28日(火曜日)

●申請方法:「安心はおいしい」ウェブサイトまたは郵送

※詳細↠「大分県庁HP<外部リンク>

大分県安心はおいしいプラス認証事業部

☎097-554-6000

(平日9時~17時)

中小企業向け金融対策

  施策 内容

お問合せ先など

(1)

新型コロナウイルス感染症緊急対策特別資金(大分県)

【融資】

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、売上高の減少等の影響を受けている大分県内の中小企業・小規模事業者を対象とした低利の融資。セーフティネット保証または危機関連保証の認定があれば保証料率0%となります。

●融資限度額:1億6,000万円

●金利:1.30%

●保証料率:セーフティネット保証または危機関連保証の認定がある場合は0%

        認定のない場合は0.35%

※詳細↠「大分県庁HP<外部リンク>

大分県

経営創造・金融課

☎097-506-3226

(2)

がんばろう!おおいた資金繰り応援資金への利子補給制度(大分県)

【利子補給】

「がんばろう!おおいた資金繰り応援資金(大分県新型コロナウイルス感染症対応資金特別融資)」 に関する利子補給制度。

●対象者:がんばろう!おおいた資金繰り応援資金(大分県新型コロナウイルス感染症対応資金特別融資)利用者

     ※一定の要件あり

●補給の対象となる貸付限度額:3,000万円(R2年6月19日~4,000万円へ増額)

                    (R3年1月25日~6,000万円へ増額)

●補給対象期間:融資実行日から3年以内

●補給対象利率:年1.3%  ただし、上記補給対象期間内に生じる約定利子に限る。

※詳細↠「大分県庁HP<外部リンク>

大分県

経営創造・金融課

☎097-506-3226

◎リンク

大分県HPリンク(経営・金融相談窓口について)<外部リンク>

経済産業省・中小企業庁・厚生労働省の支援施策

支援金

  施策 内容 お問合せ先など
(1)

中小法人・個人事業者のための月次支援金

【支援金】

緊急事態措置・まん延防止等重点措置に伴う飲食店の休業・時短営業または外出自粛等の影響を受けて売上が50%以上減少した中小法人・個人事業者等の事業継続および立て直しを支援します。​

●給付額

(中小法人等)上限20万円/月  (個人事業者等)上限額10万円/月

※計算式:(2019年または2020年の基準月の売上)-(2021年の対象月の売上)​

●申請方法

 インターネットで「月次支援金」申請ページから申請​

 ※詳細↠「月次支援金HP<外部リンク>

月次支援金事務局 相談窓口

☎0120-211-240

津久見商工会議所

☎82-5111

商工観光・定住推進課

☎82-9542

資金繰り支援

  施策 内容 お問合せ先など
(1)

セーフティネット保証4号・5号および危機関連保証

【融資】

経営の安定に支障が生じている中小企業者を、一般保証とは別枠の保証の対象とする制度です。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い売上の減少等の影響を受けている事業者も対象となります。

※詳細↠「津久見市HPリンク

商工観光・定住推進課

☎82-9542

(2)

新型コロナウイルス感染症特別貸付(国)

【融資】

新型コロナウイルス感染症の影響を受けて一時的な業況悪化をきたしている事業者を支援します。融資後の3年間まで0.9%の金利引下げを実施。据置期間は最長5年。

●融資限度額:(中小事業)3億円、(国民事業)6,000万円

●金利:(中小企業事業)当初3年間のみ0.21%、4年目以降1.11%

     (国民生活事業)当初3年間のみ0.46%、4年目以降1.36%

※詳細↠「経済産業省HPリンク<外部リンク>

日本政策金融公庫大分支店

(中小企業事業)

☎097-532-4106

(国民生活事業)

☎097-534-4157

(3)

マル経融資の金利引下げ

【融資】

商工会議所等の経営指導員による経営指導を受けた小規模事業者が対象となるマル経融資について、融資後の3年間まで0.9%の金利引下げを実施します。また据置期間の延長も実施。

●融資限度額:1,000万円

●金利:当初3年間は0.31%、4年目以降1.21%

※詳細↠「日本政策金融公庫HPリンク<外部リンク>

津久見商工会議所

☎82-5111

(4)

セーフティネット貸付の要件緩和

【融資】

セーフティネット貸付の要件を緩和し、「売上高が5%以上減少」といった数値要件にかかわらず、今後の影響が見込まれる事業者も含めて融資対象となります。

●融資限度額:(中小企業事業)7.2億円、(国民生活事業)4,800万円

●金利:(中小事業)1.11%、(国民事業)1.91%

※詳細↠「経済産業省HPリンク<外部リンク>

日本政策金融公庫大分支店

(中小企業事業)

☎097-532-4106

(国民生活事業)

☎097-534-4157

(5)

生活衛生新型コロナウイルス感染症特別貸付

【融資】

生活衛生関係の事業を営む方で、新型コロナウイルス感染症の影響を受け、一時的な業況を来している方を対象とした特別貸付です。

●融資限度額:6,000万円

●金利:当初3年間0.46%、4年目以降1.36%

※詳細↠「日本政策金融公庫HPリンク<外部リンク>

日本政策金融公庫大分支店

(中小企業事業)

☎097-532-4106

(国民生活事業)

☎097-534-4157

(6)

生活衛生改善貸付

【融資】

生活衛生同業組合などの経営指導を受けている生活衛生関係の事業を営む小規模事業者の方が経営改善に必要な資金を無担保・無保証人にで利用できる制度です。

●融資限度額:+別枠1,000万円

●金利:当初3年間0.31%、4年目以降1.21%

※詳細↠「日本政策金融公庫HPリンク<外部リンク>

日本政策金融公庫大分支店

(中小企業事業)

☎097-532-4106

(国民生活事業)

☎097-534-4157

(7)

衛生環境激変対策特別貸付

【融資】

新型コロナウイルス感染症の発生により、一時的な業況悪化から資金繰りに支障を来している旅館業、飲食店営業及び喫茶店営業を営む方を対象にした特別貸付です。

●融資限度額:+別枠1,000万円

●金利:基準金利1.91%

※詳細↠「日本政策金融公庫HPリンク<外部リンク>

日本政策金融公庫大分支店

(中小企業事業)

☎097-532-4106

(国民生活事業)

☎097-534-4157

◎その他リンク

 ・経済産業省HPリンク(新型コロナウイルス感染症関連)<外部リンク> 

 ・「新型コロナウイルス感染症で影響を受ける事業者の皆さんへ(支援施策パンフレット)」<外部リンク> 

 ・資金繰り及び給付金関係に関する相談窓口について<外部リンク> 

 ・九州経済産業局HPリンク<外部リンク> 

経営環境支援

  施策 内容 お問合せ先など
(1)

雇用調整助成金の特例措置

【助成金】

新型コロナウイルス感染症の影響を受ける事業主を対象に、要件緩和を実施します。

●助成率:(大企業)2/3 (中小企業)4/5

 解雇等行わない場合↠(大企業)3/4、(中小企業)9/10

●支給限度日数:1年間で100日

※詳細↠「厚生労働省HPリンク<外部リンク>

大分助成金センター

☎097-535-2100

(2)

小学校等の臨時休業に伴う保護者の休暇取得支援

【助成金】

※労働者に休暇を取得させた事業者向け

新型コロナウイルス感染症の影響で小学校等が臨時休業した場合等に、その小学校等に通う子どもの保護者である労働者の休職について、労働基準法上の年次有給休暇とは別途、有給の休暇を取得させた企業に対しての助成金です。

●支給額:休暇中に支払った賃金相当額×10/10 ※日額上限8,330円

※詳細↠「厚生労働省HPリンク<外部リンク>

学校等休業助成金・支援金等コールセンター

☎0120-60-3999

(3)

小学校等の臨時休業に対応する保護者支援

【助成金】

※委託を受けて個人で仕事をする方向け

新型コロナウイルス感染症の影響による小学校等の臨時休業等に伴い、子どもの世話を行うために、契約した仕事ができなくなっている子育て世代を支援する制度です。

●支給額:就業できなかった日について、1日当たり4,100円

※詳細↠「厚生労働省HPリンク<外部リンク>

学校等休業助成金・支援金等コールセンター

☎0120-60-3999

(4)

個人向け緊急小口資金等の特例

【融資】

新型コロナウイルス感染症の影響による休業等を理由に、一時的に資金が必要な方へ緊急の無利子で貸付を実施します。

●貸付上限:(学校等の休業、個人事業主等の特例の場合)20万円以内

         (その他の場合)10万円以内

また、失業されて生活に困窮された方には、生活の立て直しのための安定的な資金を無利子で貸付を実施します。

●貸付上限:(世帯2人以上の場合)月20万円以内

         (単身の場合)月15万円以内

※詳細↠「厚生労働省HPリンク<外部リンク>

津久見市社会福祉協議会

☎82-5000

◎リンク

 ・厚生労働省HPリンク(新型コロナ感染症について) <外部リンク>

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)