ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 本庁 > 長寿支援課 > 高齢者施設の感染対策実地指導が行われました

本文

高齢者施設の感染対策実地指導が行われました

印刷ページ表示 更新日:2021年2月26日更新
新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、地域密着型施設に感染対策実地研修を行いました。

講師は、津久見市医師会立津久見中央病院 、感染管理認定看護師 戸田美穂子 氏です。

当日は、実際に施設に出向き、施設内にウイルスを持ち込まない体制づくりや、平常時からの感染予防対策の確認を行いました。

また、陽性者が確認された場合のゾーニング等についてアドバイスを頂き、職員からは多くの質問がありました。

当日の様子

様子実際使っているものの確認陽性者が出た場合の動線の確認風景
内容

実際、施設で使用している消毒剤や方法について確認を行いました。手指消毒用や清掃用の薬剤の確認とともに使用方法についてのアドバイスを受けました。

陽性者が出た場合のゾーニングや動線の確認を行いました。
感染対策物品準備物
内容施設が準備している施設物品の確認も行いました。もしもの時に備えてしっかり準備がされていました。
様子指導の様子指導の様子
内容入居者が触れる可能性がある物は、拭きやすいようにラミネートをするか、必要に応じて外すことも重要です。

清潔を保つためになるべく物は収納するか掃除しやすいように工夫しましょう。また、発生した場合にすぐ消毒ができるよう、平常時から整理整頓をしておきましょう。

今後も継続して市内の地域密着型施設を中心に実地研修を行っていきます。