ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 環境・衛生・ごみ・動物・ペット > 動物・ペット > 犬の飼い主の転居・転入、所有者が変わった場合は

本文

犬の飼い主の転居・転入、所有者が変わった場合は

印刷ページ表示 更新日:2018年7月6日更新

以下のような場合で、犬の登録事項に変更が生じたときは、変更の届出が必要です(無料)。

届出には犬鑑札が必要になります。鑑札がない場合 津久見市役所 環境保全課 にご相談ください。



  • 市外または県外から転入した。
  • 転居により市内での住所が変わった。
  • 犬を譲り受けた。(新しい飼い主が届出をしてください)
  • 結婚等で飼い主の名前が変わった。
  • 市外で登録済みの犬を購入し、市内で飼養開始した。

犬の登録事項変更届(様式) [PDFファイル/63KB]

犬の登録事項変更届(様式) [Wordファイル/15KB]

※犬の登録をしていない場合は本項ではなく、「犬の登録について」を参照ください。

※市外へ転出した場合は、転出した先の市区町村で届出をしてください。

※犬の名前を変更したときも、変更の届出が必要です。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)