ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織で探す > 秘書課 > 「西日本一の桜観光の名所を目指して」(2)

「西日本一の桜観光の名所を目指して」(2)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年1月27日更新

取材日誌220

 河津桜植樹

 1月23日、佐伯市との市境に近い四浦蔵谷地区にて、扇子踊り、セメント産業と続く「ふるさと教育」第3弾として、市内中学生による河津桜約350本の植樹が行われました。
植樹に参加した生徒から「多くの人が楽しんでくれる河津桜に関われて嬉しかったです」と声が聞けました。

今回植樹した河津桜は、立派な成木になるまで7~8年かかるそうです。その頃には、中学生たちも成人となり、津久見市を離れてしまう生徒たちもいるとは思いますが、花が咲く頃には、自分で植えた河津桜を見に津久見へ戻って来て欲しいです。

津久見市の河津桜は、今回植樹した本数を合わせると、約4600本となりました。

河津桜植樹

河津桜植樹

河津桜植樹


市公認のキャラクター「つくみん」

津久見市役所

〒879-2435 大分県津久見市宮本町20番15号

Tel:0972-82-4111(代表) Fax:0972-82-9520 組織別電話番号一覧 メールでのお問い合わせはこちら

開庁時間:月曜日から金曜日 8時30分から17時まで(土曜日・日曜日・祝日は閉庁)