ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織で探す > 秘書課 > つくみイルカ島 新たな可能性

つくみイルカ島 新たな可能性

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年1月23日更新

取材日誌217

 意見交換会

 1月13日、市民会館にて、大学や水族館などイルカの飼育や研究の関係者が集い「第1回つくみイルカ研究シンポジウム」が開催されました。

シンポジウムでは、各大学よりイルカについて最新の研究発表が行われ、沖縄美ら海水族館名誉館長の内田詮三氏より「展示用及び研究用鯨類と水族館」と題し、講演をしていただきました。

官民学による意見交換も行われ、「つくみイルカ島」の今後の可能性などについて、活発な意見交換が行われました。

「つくみイルカ島」のように、海面で飼育している施設は全国的にも少なく、研究者側にとって貴重な施設で、観光だけでなく学術研究の場としても「つくみイルカ島」は色んな可能性を秘めているとのお話が聞けました。

沖縄美ら海水族館名誉館長の内田詮三氏


市公認のキャラクター「つくみん」

津久見市役所

〒879-2435 大分県津久見市宮本町20番15号

Tel:0972-82-4111(代表) Fax:0972-82-9520 組織別電話番号一覧 メールでのお問い合わせはこちら

開庁時間:月曜日から金曜日 8時30分から17時まで(土曜日・日曜日・祝日は閉庁)