ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織で探す > 秘書課 > 認知症の理解を深める

認知症の理解を深める

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年1月17日更新

取材日誌213

 にじカフェ

 1月12日、市民会館にて「認知症研修会」が開催され、およそ270名の方が参加しました。

この研修は、認知症の母と、その娘の日常生活を描いたドキュメンタリー映画「徘徊ママリン87歳の夏」を上映し、佐伯保養院副院長の山内勇人先生に解説していただく形で行われました。
山内先生より「地域の支え合い・理解・協力が必要」と解説があり、この事は映画の中でも描かれていました。

また、同会場内ではカフェも開設されており、認知症サポーター養成講座を受講し、キッズサポーターとなった堅徳小学校5年生もお手伝いをしてくれました。

今回開店された認知症予防のためのカフェ「にじカフェ」は、市民ふれあい交流センターにて毎月行われる予定です。

佐伯保養院副院長の山内勇人先生


市公認のキャラクター「つくみん」

津久見市役所

〒879-2435 大分県津久見市宮本町20番15号

Tel:0972-82-4111(代表) Fax:0972-82-9520 組織別電話番号一覧 メールでのお問い合わせはこちら

開庁時間:月曜日から金曜日 8時30分から17時まで(土曜日・日曜日・祝日は閉庁)