ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織で探す > 秘書課 > 認知症に対する理解を

認知症に対する理解を

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年11月9日更新

取材日誌170

 地域包括支援センターによる寸劇

 10月26日、戸高育英会館にて(株)戸高鉱業社社員およそ130名が参加し「認知症サポーター養成講座」が開催されました。

認知症サポーターとは、認知症に対して正しく理解をし、認知症の人や家族に対して温かい目で見守ることのできるサポーター(応援者)のことです。

この日は、秋岡医院院長の講義、地域包括支援センターの寸劇などを行い、参加者に認知症について理解を深めてもらいました。
講座終了時には、認知症サポーターの証である「オレンジリング」が修了者全員に配布されました。

「認知症サポーター養成講座」は、今まで小学校や高校、いきいきサロンなどで行われてきましたが、100名を超える大規模な講座は初めてとなります。

オレンジリング


市公認のキャラクター「つくみん」

津久見市役所

〒879-2435 大分県津久見市宮本町20番15号

Tel:0972-82-4111(代表) Fax:0972-82-9520 組織別電話番号一覧 メールでのお問い合わせはこちら

開庁時間:月曜日から金曜日 8時30分から17時まで(土曜日・日曜日・祝日は閉庁)