ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織で探す > 秘書課 > ウミガメの産卵

ウミガメの産卵

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年7月2日更新

取材日誌90

ウミガメの卵134個

高浜海岸に6月23日、25日、27日とウミガメが上陸し、3回目の上陸で134個の卵を産卵しました。

ウミガメの卵はカラが薄くカラ越しに呼吸をしていて、24時間水に浸かると窒息してしまうため、台風等の高波の際には砂から引き上げて保護するそうです。

産まれた卵は砂の温度が累積1800度をこえると「う化」するため、およそ2ヶ月で「う化」する予定です。

ウミガメは一度にすべてを産卵できないので、3週間後くらいに再び産卵に来る可能性があるそうです。

無事に保護


市公認のキャラクター「つくみん」

津久見市役所

〒879-2435 大分県津久見市宮本町20番15号

Tel:0972-82-4111(代表) Fax:0972-82-9520 組織別電話番号一覧 メールでのお問い合わせはこちら

開庁時間:月曜日から金曜日 8時30分から17時まで(土曜日・日曜日・祝日は閉庁)