ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織で探す > 秘書課 > 保戸島診療所 内倉先生最後の診療日

保戸島診療所 内倉先生最後の診療日

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年3月31日更新

取材日誌44

保戸島を離れる内倉洋三先生

 3月29日は保戸島診療所開院以来、延べ5年(巡回も入れると5年8ヵ月)院長を勤めていただいた、内倉洋三先生の最後の診療日でした。

  この日も多くの患者が訪れ、いつもと変わらず島民一人ひとりの診察と健康経過観察を行いました。

 診療の間に話を聞くと、決して充分とは言えない診療体制の中で、いろいろと苦労しながらも、保戸島に対する思いで頑張れて来れたと語っていただきました。

保戸島診療所診察模様

  診察を終えた内倉先生を乗せた16時発の船は、大勢の島民に見送りを受けながら湾内を一周し、涙の内倉先生を乗せ保戸島を後にしました。

 写真を見て分かるように、内倉先生は島民みんなから慕われていました。

  内倉先生は、しばらくはゆっくりとされるそうです。長い間ありがとうございました。

島民との別れ

島民とのお別れ島民のお見送り

お別れ内倉先生を見送る多くの島民


市公認のキャラクター「つくみん」

津久見市役所

〒879-2435 大分県津久見市宮本町20番15号

Tel:0972-82-4111(代表) Fax:0972-82-9520 組織別電話番号一覧 メールでのお問い合わせはこちら

開庁時間:月曜日から金曜日 8時30分から17時まで(土曜日・日曜日・祝日は閉庁)