ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

市勢の沿革

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年3月17日更新

市勢の沿革

 戦国時代には大友氏の支配下にあり、大友宗麟が津久見を最後の居住地と位置づけ、1587年に津久見で逝去している。
 江戸時代には、北半分が臼杵藩、南半分が佐伯藩と市域が分断されていた。
 江戸時代から明治時代へかけ、みかん栽培や石灰づくりが進展したが、特に、大正5年の日豊本線臼杵・佐伯間開通を契機に、みかんの栽培面積が拡大するとともに近代的なセメントエ業が発達した。また、保戸島のまぐろ延縄漁業も大正から昭和にかけて日本列島全域から南洋へ進出していった。こうして、現在の津久見市の産業的な骨格ができあがった。
 行政的には、津久見市の母体となった津久見町は昭和8年に旧津久見町と下浦村と青江村が合併して誕生した。その後、この津久見町と半島部の日代村、四浦村及び離島の保戸島村が合併して、昭和26年に津久見市が誕生した。


市公認のキャラクター「つくみん」

津久見市役所

〒879-2435 大分県津久見市宮本町20番15号

Tel:0972-82-4111(代表) Fax:0972-82-9520 組織別電話番号一覧 メールでのお問い合わせはこちら

開庁時間:月曜日から金曜日 8時30分から17時まで(土曜日・日曜日・祝日は閉庁)