ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織で探す > 総務課 > 大勢の島民に見送られ笑顔でお別れ 保戸島診療所 荒木康雄先生

大勢の島民に見送られ笑顔でお別れ 保戸島診療所 荒木康雄先生

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年4月26日更新

取材日誌600

3月28日、平成28年4月から延べ3年にわたり、保戸島の島民のみなさんの生命と健康を第一に考え、温かく見守ってきた荒木康雄先生へ、長年の功績と多大な貢献に対し、川野市長から感謝状が贈られました

また、翌日29日に最後の診療日を迎えました

この日も島内からたくさんの患者さんが診療所を訪れ、いつもと変わらず一人ひとりの診察と健康経過観察を行いました。先生は、週に4日、保戸島に渡り、特にご年配の方々の健康や体調を診てきました

決して十分とは言えない診療体制の中で、糖尿病や高血圧、生活習慣病など、たくさんの方が抱える問題と向き合いながら、苦労を重ねてきた姿が、多くの島民から慕われ続け、島の支えにもなっていました

先生は、しばらくゆっくりされるそうです。長い間ありがとうございました

また、4月から荒木先生に代わり、新たに大村一郎先生が保戸島診療所の院長として着任しました。これからよろしくお願いします

 3月28日、平成28年4月から延べ3年にわたり、保戸島の島民のみなさんの生命と健康を第一に考え、温かく見守ってきた荒木康雄先生へ、長年の功績と多大な貢献に対し、川野市長から感謝状が贈られました。また、翌日29日に最後の診療日を迎えました。

この日も島内からたくさんの患者さんが診療所を訪れ、いつもと変わらず一人ひとりの診察と健康経過観察を行いました。先生は、週に4日、保戸島に渡り、特にご年配の方々の健康や体調を診てきました。

決して十分とは言えない診療体制の中で、糖尿病や高血圧、生活習慣病など、たくさんの方が抱える問題と向き合いながら、苦労を重ねてきた姿が、多くの島民から慕われ続け、島の支えにもなっていました。

診察を終えた荒木先生は、何人もの方とお別れの言葉を交わしながら、船着き場まで歩き、いつもの船へと乗り込みました。島民が用意してくれた紙テープと花束を両手に持ち、大勢の人に見送られながら湾内を回り、保戸島に別れを告げました。

先生は、しばらくゆっくりされるそうです。長い間ありがとうございました。

また、4月から荒木先生に代わり、新たに大村一郎先生が保戸島診療所の院長として着任しました。これからよろしくお願いします。


市公認のキャラクター「つくみん」

津久見市役所

〒879-2435 大分県津久見市宮本町20番15号

Tel:0972-82-4111(代表) Fax:0972-82-9520 組織別電話番号一覧 メールでのお問い合わせはこちら

開庁時間:月曜日から金曜日 8時30分から17時まで(土曜日・日曜日・祝日は閉庁)