ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織で探す > 長寿支援課 > 高齢者の皆さまへ ~元気に過ごすためのフレイル対策のポイント~

高齢者の皆さまへ ~元気に過ごすためのフレイル対策のポイント~

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年5月22日更新

自宅で過ごす際に高齢期に気を付けたいポイント

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、地区での活動など様々な外出の機会が少なくなっていると思います。

体を動かさない状態が続いたり、感染を恐れるあまり外出を控えすぎて『生活不活発病』による健康への影響が危惧されます。

また、高齢期になると加齢に伴って感染に対する抵抗力が弱くなるといわれています。感染症にかかると、寝込み、体力や筋力が低下します。

 そのため、日ごろから活動量を維持しておくことが大切です。めじろん元気アップ体操のビッグ4するなど、日常生活の中で体を動かす機会を作りましょう。

 ★高齢者の皆さまへ (大分県ホームページ)

 ★「新型コロナウイルス感染症」高齢者として気を付けたいポイント [PDFファイル/624KB]

動かない時間を減らし、自宅でもできる運動をする!

 運動をすることで活動量があがり、体力の低下を防ぐことができます。

 畑仕事や庭いじり、片づけなどこれまでの趣味や体験した体操をご自宅で実践するのも良いと思います。

 座っている時間を減らし、足踏みをするなど出来る事や楽しみで体を動かしましょう。

 めじろん元気アップ体操も参考にしてください。

めじろんビッグ4めじろんビッグ4 [PDFファイル/888KB]

 ★めじろん元気アップ体操の動画、パンフレットなどの紹介はこちら (大分県ホームページ)

 ★全国の体操の動画やリーフレットの紹介(厚生労働省ホームページ)

 

たまに散歩をする!

 天気の良い日に散歩を行うことで、気分転換になり、骨も丈夫になります。

 国の情報では、「効果的な手洗いをすること」「換気の悪いところ」で「人が近くで集まること」に注意が必要と言われていますので、人込みを避け、散歩をしてみるのも良いです。

口腔ケアもしっかりと行いましょう。

 年齢を重ねるにつれ、噛む力が弱くなります。

 すると、唾液の分泌が減り、口腔内の雑菌が繁殖しやすい環境になります。

唾液をたくさん出すためには、口腔内を動かすことが大切です!

 ☑よく噛んで食べる

 ☑毎食後の歯磨き・入歯の手入れ

 ☑お口を動かす

   ・口腔体操で動かす

   ・電話を使った会話で話す  など

食生活も大切です。

低栄養を予防し、免疫力を低下させないためにもしっかりと栄養を取ることが大切です。

 栄養新聞5月号  免疫力を高めよう~新型コロナウイルス予防!~ [PDFファイル/690KB]

食べて元気にフレイル予防(厚生労働省発行) 食べて元気にフレイル予防(厚生労働省発行) [PDFファイル/1.74MB]

この他にも免疫力アップのために・・・ 

  ●睡眠をしっかりとる。

  ●薬をきちんと飲むなど持病の管理をする。  

友人や家族と電話で話をする!

 『話すこと』はお口を動かすため、お口の体操にもつながります。 

 また、人との交流はとても大切です。電話などを利用した交流も検討してみてください。

 外出しにくい今の状況こそ、家族や友人が互いに支え合い、意識して交流しましょう。

 ちょっとした挨拶や会話も大切です。感染症に関する正しい最新情報の共有も、トラブルや不安の解消にもつながります。 

ご協力をお願いします。

 津久見市長寿支援課関連リンク

 ☞高齢者の皆さまへ~新型コロナウイルス感染症対策と元気に過ごすために~


市公認のキャラクター「つくみん」

津久見市役所

〒879-2435 大分県津久見市宮本町20番15号

Tel:0972-82-4111(代表) Fax:0972-82-9520 組織別電話番号一覧 メールでのお問い合わせはこちら

開庁時間:月曜日から金曜日 8時30分から17時まで(土曜日・日曜日・祝日は閉庁)