ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 保険・年金 > 国民健康保険 > ジェネリック医薬品で医療費負担を軽減

ジェネリック医薬品で医療費負担を軽減

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年7月14日更新

ご存知ですか?ジェネリック医薬品

医療機関で医師から処方される薬には、新薬(先発医薬品)と呼ばれるものと、ジェネリック医薬品(後発医薬品)があります。
ジェネリック医薬品は、医療費負担の軽減のために先進国の多くで広く利用されています。
ジェネリック医薬品は、先発医薬品と薬の有効成分・効果が変わらないにもかかわらず安価です。安全性も有効成分が先発医薬品と同じですので、保証されています。
ジェネリック医薬品について知り、積極的にジェネリック医薬品を利用しましょう。

津久見市国民健康保険におけるジェネリック医薬品利用状況(一般分)

平成25年3月診療 ジェネリック医薬品利用率  36.3%
平成26年3月診療 ジェネリック医薬品利用率  38.6%
平成27年3月診療 ジェネリック医薬品利用率  43.5%
平成28年3月診療 ジェネリック医薬品利用率  47.1%

 

厚生労働省におけるジェネリック医薬品 広報

「ジェネリック医薬品Q&A」
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-10800000-Iseikyoku/0000078998.pdf
ジェネリック医薬品に関するサイト
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryou/kouhatu-iyaku/index.html

市公認のキャラクター「つくみん」

津久見市役所

〒879-2435 大分県津久見市宮本町20番15号

Tel:0972-82-4111(代表) Fax:0972-82-9520 組織別電話番号一覧 メールでのお問い合わせはこちら

開庁時間:月曜日から金曜日 8時30分から17時まで(土曜日・日曜日・祝日は閉庁)