ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 健康・医療 > 健診・予防接種 > 平成29年度高齢者肺炎球菌ワクチン

平成29年度高齢者肺炎球菌ワクチン

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年5月15日更新

高齢者の肺炎球菌予防接種

平成26年10月1日より、高齢者肺炎球菌ワクチンが予防接種法に基づく定期接種として追加されました。

この制度では、今までこのワクチンを接種したことがない方を対象に、平成30年度までの間に1人1回、定期接種の機会を設けています。

対象となる年度においてのみ、定期接種としての公費助成が受けられます。対象年度以外での接種は任意予防接種となり、市の助成を受けることはできません。また、これまでに高齢者肺炎球菌ワクチンを接種したことがある方も定期接種対象外となるため、市の助成を受けることはできません。

接種対象となる方で、接種を希望される方は、直接協力医療機関へ予約の上、接種を受けてください。

肺炎球菌ワクチン予防接種とは

高齢者の肺炎の中で、最も頻度の高い「肺炎球菌」という細菌感染を予防するワクチンです。

 接種により、肺炎球菌による肺炎の8割に効果があるといわれています。

 肺炎のすべてを予防するワクチンではありませんが、接種することで、重症化防止などの効果が期待できます。

平成29年度の対象者

定期接種の対象者は以下の2つに該当する方です。対象となる期間は平成30年3月31日までです。

(1)今までこのワクチンを接種したことがない方。

(2) 平成29年度に以下の年齢になる方。  

65歳昭和27年4月2日生~
昭和28年4月1日生の方
85歳昭和7年4月2日生~
昭和8年4月1日生の方
70歳昭和22年4月2日生~
昭和23年4月1日生の方
90歳昭和2年4月2日生~
昭和3年4月1日生の方
75歳昭和17年4月2日生~
昭和18年4月1日生の方
95歳大正11年4月2日生~
大正12年4月1日生の方
80歳昭和12年4月2日生~
昭和13年4月1日生の方
100歳

大正6年4月2日生~
大正7年4月1日生の方

※60歳以上65歳未満の者であって、心臓、腎臓、若しくは呼吸器の機能またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に障害を有する方(身体障害者手帳1級相当)も対象となります。 (インフルエンザの定期接種対象者と同じ)

接種費用

自己負担額 3,500円 (生活保護受給者については全額助成)

助成回数

1回

接種医療機関

市内の医療機関は下記のとおりです。

大分県内の契約医療機関であれば市外でも接種することができます。

ワクチンの関係等もありますので、事前に医療機関へ電話予約して下さい。

 

秋岡医院

池邊整形外科

大石医院

小田クリニック

小宅医院

金田医院

小手川内科クリニック

後藤医院

つくみクリニック

姫野胃腸科クリニック

深江医院

薬師寺医院

保戸島診療所

津久見中央病院(かかりつけの方)

 

 

準備するもの

 健康保険証または生活保護受給証明書((2)に該当する方は身体障害者手帳)

関連情報

肺炎球菌感染症(高齢者) 厚生労働省ホームページ 


市公認のキャラクター「つくみん」

津久見市役所

〒879-2435 大分県津久見市宮本町20番15号

Tel:0972-82-4111(代表) Fax:0972-82-9520 組織別電話番号一覧 メールでのお問い合わせはこちら

開庁時間:月曜日から金曜日 8時30分から17時まで(土曜日・日曜日・祝日は閉庁)