ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織で探す > 健康推進課 > 麻しん(はしか)に注意しましょう。

麻しん(はしか)に注意しましょう。

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月27日更新
沖縄県において感染したと思われる麻しん患者の報告が沖縄県以外の県から発表されました。今後、大型連休による旅行者の増大が見込まれます。はしか(麻しん)にかからないように、旅行地や海外に行く場合は十分注意しましょう。

麻しん(はしか)とはどんな病気ですか?

麻しん(はしか)は、麻しんウイルスが原因で発症する感染症です。感染力が極めて強く、空気感染、飛沫(くしゃみ等のしぶき)感染、接触感染など様々な感染経路によって感染します。
 麻しんウイルスに感染した後、潜伏期10~12日を経て発症します。主な症状は次のとおりです。

(1)カタル期
  38度前後の発熱、咳、鼻水、くしゃみ、目やに、結膜充血などがみられ、頬の粘膜に白い水疱(コプリック班)が出現します。乳幼児では、消化器症状として下痢、腹痛を伴うことがあります。
(2)発疹期
  カタル期での発熱が一度下がった後、再び発熱(39~40度)し、特有の発疹が耳の後ろ、首、顔、体幹、上肢、下肢の順に広がります。
(3)回復期
  発疹出現後、3~4日間続いた発熱も回復期に入ると下熱し、発疹も退色してきます。

麻しんを予防するには?

麻しんは有効な治療薬はなく、あらかじめ定められた期間に予防接種を受けることが大切です。
 現在は、麻しん風しん混合ワクチン(MRワクチン)により抗体を獲得することが一般的です。

○予防接種法に基づく定期予防接種の対象の方は、無料で接種ができます。
 ・第1期:1歳児(生後12月から生後24月に至るまでの間にある方)
 ・第2期:小学校入学前の1年間(5歳以上7歳未満の方であって、小学校就学の始期に達する日の1年前の日から当該始期に達する日の前日までの間にある方)

○定期予防接種の対象でない場合は、任意接種(有料)となります。
 また、妊娠されている方は接種ができません。

○10代や成人の方で、ワクチンを2回接種していない方は、海外渡航前に予防接種を受けることを検討してください。定期予防接種の対象でない場合は、任意接種(有料)となります。

麻しんが疑われる場合の対応は

 麻しんが疑われる症状が出現した場合は、他人に感染させないよう、医療機関を受診する前に電話連絡を行い、受診の時間等を確認の上、医療機関の指示に従って受診しましょう。
 また、呼吸困難やけいれんなどの症状がみられる場合は、早めに主治医に相談しましょう。

関連情報


市公認のキャラクター「つくみん」

津久見市役所

〒879-2435 大分県津久見市宮本町20番15号

Tel:0972-82-4111(代表) Fax:0972-82-9520 組織別電話番号一覧 メールでのお問い合わせはこちら

開庁時間:月曜日から金曜日 8時30分から17時まで(土曜日・日曜日・祝日は閉庁)