ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

消防団員募集

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月7日更新

消防団とは?

本業を持ちながら「自分たちの町は自分たちで守る」という郷土愛護の精神に基づき、地域住民を中心に組織されており、市町村の消防機関の一つとして、全国ほぼすべての市町村に設置されています。消防団員は、消防、防災に関する知識や技術を習得し、火災発生時における消火活動、地震や風水害といった大規模災害発生時における救助、救出活動、警戒巡視、避難誘導、災害防ぎょ活動に従事し、地域住民の生命、身体、財産を守るために昼夜を問わず活動を行います。また、災害時以外には訓練のほか、応急手当の普及指導、火災の予防や住民に対する防火防災の啓発など地域に密着し、幅広い分野で活躍しており、地域消防防災のリーダーとして重要な役割を担っています。

津久見市消防団では、現在活動している女性消防団員は8名と少ないため、女性消防団員の募集も行っています。

興味のある方は、気軽に下記お問い合わせ先へご連絡ください。

   出初式放水点検   消防団出初式

消防団員の身分

非常勤特別職の地方公務員

消防団員の入団資格

次の各号いずれにも該当する者とします。

(1)この消防団の区域内(津久見市内)に居住する者
(2)年齢18歳以上の者
(3)志操堅個で、身体強健な者

消防団PRムービー(総務省 消防庁)

津久見市消防団の編成

消防団の編成及び定員人数

 団本部1分団2分団3分団4分団5分団6分団
団長1      1
副団長2      2
分団長 1111116
副分団長 1111116
部長176355330
班長2322422204012152
団員3574547406823283
合計99877746711540480
備考 無垢島部は団本部直轄とします。

報酬・手当等

消防団員に対し、その労苦に報いるための報酬及び出動した場合の費用弁償としての出動手当を支給しています。 

消防団員の責任共済

消防団員等公務災害補償制度

消防の仕事は危険性が高く、公務上の災害が少なくありません。この制度は、消防団員に後顧の憂いなく活動してもらうために設けられた制度です。

退職報償金

退職報償金とは、退職した消防団員の多年の労苦に報いるため、市町村が支給する功労金としての性格を持つ金銭給付である。消防団員として5年以上勤務して退職した者に、その者の階級及び勤務年数に応じて次のとおり支給します。(単位:千円)

別表
 5年以上10年未満10年以上15年未満15年以上20年未満20年以上25年未満25年以上30年未満30年以上
団長239344459594779979
副団長229329429534709909
分団長219318413513659849
副分団長214303388478624809
部長及び班長204283358438564734
団員200264334409519689

 

消防団員等公務災害補償制度の詳細はこちら

 


市公認のキャラクター「つくみん」

津久見市役所

〒879-2435 大分県津久見市宮本町20番15号

Tel:0972-82-4111(代表) Fax:0972-82-9520 組織別電話番号一覧 メールでのお問い合わせはこちら

開庁時間:月曜日から金曜日 8時30分から17時まで(土曜日・日曜日・祝日は閉庁)