ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

指定ごみ袋Q&A

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年3月17日更新

指定ごみ袋のQ&A

Q1燃えるごみを指定ごみ袋以外の袋で出したらどうなるの?

A 違反シールを貼って収集しません。指定ごみ袋に入れ替えて、次の収集日に出してください。

Q2市販の透明袋やレジ袋はもう使えないの?

A 不燃ごみで、衣類、小さいプラスチック類等を出す場合、市販の透明袋やレジ袋で出すことができます。
また、燃えるごみの、生ごみなどをレジ袋に入れ、それを指定ごみ袋に入れる、いわゆる内袋としてレジ袋を使っていただいても結構です。最終的に外側が指定ごみ袋であれば構いません。
ただし、最小限度にとどめていただきたいと思います。

Q3庭木を剪定した時の葉や枝も指定ごみ袋に入れるのですか?

A 葉や草については、指定ごみ袋に入れていただく必要がありますが、枝については、50cm程度に切って、ひもでしっかり縛って不燃ごみの収集に出してください。
剪定した葉や落葉、草は指定ごみ袋へ。枝は不燃ごみに出してください。

Q4ごみ袋が破れやすいのではないか?

A 津久見市が採用している高密度ポリエチレンは、破れやすいという意見がありますが、袋につまようじや角のとがった物などを直接に入れた場合に傷つき破れることがあります。とがった物はビニールなどに包んでごみ袋にいれるなどの工夫をしてください。

Q5目的はごみ減量化だそうですが、どうすれば減量できますか?

A 牛乳パックに代表される紙パック類、ダイレクトメールの中身、コピー用紙、包装紙、パンフレットなどを、燃えるごみとして出していませんか? 皆さんが出す「燃えるごみ」を見ますと、リサイクルできる紙類が入っています。燃えるごみの中で、生ごみの次に多いのが紙類です。
これらを、燃えるごみから取り除いてうばめ園リサイクルに回していただくことで、ごみは減ってきます。ぜひ取り組んでみてください。

Q6ボランティア活動で集めたごみも指定ごみ袋に入れるのですか?

A ボランティア清掃で集めたごみにつきましては、事前に市役所環境保全課にご連絡をしてください。
  集められたごみ袋が2~3袋であれば、可燃ごみ集積所に出してください。多量の場合には、どこに出すかご連絡いただければ回収いたします。


市公認のキャラクター「つくみん」

津久見市役所

〒879-2435 大分県津久見市宮本町20番15号

Tel:0972-82-4111(代表) Fax:0972-82-9520 組織別電話番号一覧 メールでのお問い合わせはこちら

開庁時間:月曜日から金曜日 8時30分から17時まで(土曜日・日曜日・祝日は閉庁)