ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

公民館料理教室レシピ集

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年3月17日更新

公民館料理教室レシピ集

体にやさしい公民館料理教室レシピ

公民館料理教室で作った人気メニューや皆さんにぜひ作って食べていただきたい料理を紹介します。
7月は野菜料理教室~ハーブを使って~献立は「うなぎのさっぱり混ぜ寿司」です。

指導は、高齢者総合福祉施設「しおさい」管理栄養士の神田京子先生に栄養・食のアドバイスをお願いしています。

うなぎのさっぱり混ぜ寿司

うなぎのさっぱり混ぜ寿司

7月野菜料理教室~ハーブを使って~
■■献立名うなぎのさっぱり混ぜ寿司 ■■

>>材料(4人分)<<
ごはん 600g(1人分150g)/酢 大さじ4
 大葉(青じそ) 10枚
 みょうが 1パック
 新しょうが 50g
 白ごま 大さじ3
 うなぎのかば焼き 180g
 酒 大さじ2
 わさび 適量
 きざみのり 適量

>>作り方<<
1.温かいごはんに酢を加えて混ぜ合わせる。
2.大葉、新しょうがはせん切り、みょうがは小口切りにしさっと水につけアクをとり、水気をきる。
3.うなぎのかば焼きは、酒をふりかけて200℃のオーブンで5分位焼く。
  (お好みでタレをかける)少し冷めてから1cm幅位に切る。
4.酢めしに白ごま、2の大葉、新しょうが、みょうがを混ぜ合わせうなぎを加えて軽く混ぜ合わせる。 器に盛り付ける。
(お好みでわさびを添え、きざみのりをかける)
 
           ※1人分エネルギー404キロカロリー

>>栄養メモ<<
●うなぎは夏に不足しがちな良質なたんぱく質と脂肪(EpaやDHA)がたくさん含まれ、ビタミン、ミネラルも豊富でまさに"スタミナ食品"です。
●酢は糖質の消化吸収を遅らせるので、酢めしは血糖値の急激な上昇を防ぎます。
●青じそはカロテン、カルシウムも多く含まれ野菜の中でも優れています。

ノンオイル玉ねぎカレー

ノンオイル玉ねぎカレー

作り方
1.玉ねぎは薄切りにし、フライパンに入れて火にかける。時々混ぜ、しんなりしたら塩を少々ふり、なべ底にこげめがつき始めるくらいまで暖める。(オリーブオイルを少しひいても良い)
2.鶏胸肉は一口大にななめ切りし、塩・こしょうをしてプレーンヨーグルトをもみこむ。
3.鍋に皮をむいた完熟トマトと「1」を入れ、水を加えて火にかける。
4.ひと煮立ちしたらしょうがのみじん切り、カレー粉、塩を加え、完熟トマトをくずす。
5.「2」を加え、弱火にして鶏胸肉に火を通す。
6.器にご飯を盛り、まわりに「5」をかけ、スライスアーモンドを散らしてできあがり。
※1人分のエネルギーは、310Kcal(ご飯100g ・・・ 160Kcal)です。

■栄養メモ■
●玉ねぎの辛み成分は、血糖値を下げる作用があります。(生食で ・・・ )
また、動脈硬化の原因となる悪玉コレステロールや中性脂肪を下げます。
●玉ねぎは、火を通すと甘みとコクが増しておいしくなります。この甘みは、ローカロリーの上、整腸作用のあるオリゴ糖と同じ成分なので便秘解消にも効果的です。

材料(6人分)
玉ねぎ 500g(大2個)
カレー粉 40g
鶏胸肉(皮なし) 300g 
しょうが 1かけ
完熟トマト 2個
塩 10~15g
プレーンヨーグルト 100g
塩・こしょう 少々
スライスアーモンド 適量
水 900cc


市公認のキャラクター「つくみん」

津久見市役所

〒879-2435 大分県津久見市宮本町20番15号

Tel:0972-82-4111(代表) Fax:0972-82-9520 組織別電話番号一覧 メールでのお問い合わせはこちら

開庁時間:月曜日から金曜日 8時30分から17時まで(土曜日・日曜日・祝日は閉庁)