ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

各種手当・医療費の助成

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月1日更新

各種手当

児童手当

【支給の対象】
中学校卒業まで(15歳の誕生日後の最初の3月31日まで)の児童を養育している方
【支給額】
0歳以上3歳未満 15,000円(一律)
3歳以上小学校修了前 10,000円(第1子・第2子) 15,000円(第3子以降)
中学生 10,000円(一律)
※平成24年6月から所得制限があります。所得制限限度額以上の場合は、特例給付として月額一律5,000円を支給します。

児童扶養手当

 母子世帯や父子世帯等の生活の安定と、自立を促進する事を目的に、父母の離婚・父または母の死亡などによって、父または母と生計を同じくしていない児童について、手当を支給する制度です。
●手当額
児童1人 42,290円
   2人 9,990円加算
   3人以上 5,990円加算
※所得により、手当の全部または一部が支給停止されます。
・支給対象
 日本国内に住所があって、次のいずれかに該当する児童(18歳に達する日以降の最初の3月31日までの間にある者、
または20歳未満で政令の定める程度の障害の状態にある者)を監護し生計を同じくする母(父)、または母(父)に代わって児童を
養育している方。
1.父母が婚姻を解消した児童
2.父または母が死亡した児童
3.父または母が政令の定める程度の障害の状態にある児童
4.父または母の生死が明らかでない児童
5.父または母から1年以上遺棄されている児童
6.父または母が1年以上拘禁されている児童
7.母が婚姻しないで生まれた児童
8.父・母ともに不明である児童
9.配偶者からの暴力(DV)で「裁判所からの保護命令」が出された場合
ただし、以下の場合には手当が支給されません。
・児童が父または母の死亡について支給される公的年金給付または遺族補償を、児童扶養手当額より高く受けることができるとき。
・児童が児童福祉施設などに入所したり、里親に預けられたとき。
・母(父)または養育者が公的年金給付を児童扶養手当額より高く受けることができるとき(老齢福祉年金を除く)。
・母(父)または養育者が婚姻の届出はしなくても、事実上の婚姻関係
(内縁関係など)があるとき(父または母に限る)。
※注意事項 必要書類は各個人によって異なりますので、事前に津久見市福祉事務所までご相談ください。

●問い合わせ先:津久見市福祉事務所 電話 82-9519 Fax 82-9466

特別児童扶養手当

 精神障がい、身体障がい、知的障がい及び内部障がい等、心身に中程度以上の障がいのある児童(20歳未満)を扶養している父母または養育者に支給されます。
●手当額
 1級該当 月額51,450円
 2級該当 月額34,270円
 ※障がい程度についての制限があります。
 ※施設へ入所した場合には、支給されません。
 ※所得制限があります。

医療費の助成

子ども医療費助成

 「小学校就学前までの子ども」の入院・外来、「小・中学生」の入院が助成対象です。
 ○子ども医療費助成(小学校に入学するまで)
    「小学校に入学するまで」のお子様を対象に、保険診療内の入院、通院に関する助成を
  行います。(食事療養費含む)
 ○子ども医療費助成(小・中学生)
    「小学生・中学生」のお子様を対象に入院のみの助成を行います。(食事療養費含む)

※県外受診及び市外入院時の食事療養費については、一部負担金が発生しますが、後日償還払いの申請により、指定口座に返金いたします。(申請期間は、診療月の翌月から1年以内です。)
●申請・問い合わせ先:健康推進課 電話 82-9523 Fax 82-6187

ひとり親家庭医療費助成

 母子家庭の母と児童、父子家庭の父と児童及び父母のない児童の医療費の一部を助成することにより、家庭生活の安定と福祉の向上を図ることを目的としたものです。

(対象)
・ひとり親家庭の親で、現に18歳未満の児童を養育している人
・ひとり親家庭の18歳未満の児童(ただし、学校教育法による学校在学中は、18歳に達した年度の最初の3月31日まで)
・父母のない児童(父母の死亡、遺棄、障がいなど)
※所得制限があります。 


市公認のキャラクター「つくみん」

津久見市役所

〒879-2435 大分県津久見市宮本町20番15号

Tel:0972-82-4111(代表) Fax:0972-82-9520 組織別電話番号一覧 メールでのお問い合わせはこちら

開庁時間:月曜日から金曜日 8時30分から17時まで(土曜日・日曜日・祝日は閉庁)