ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織で探す > 市民生活課・人権対策室 > 命を守る道路横断の方法は?「いきいき交通安全体験講座」

命を守る道路横断の方法は?「いきいき交通安全体験講座」

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年8月29日更新

歩行シュミレーターの様子
                        歩行シュミレーターの様子

危険予測トレーニング 体験講座あいさつ

横断中の旗
                    皆さんに配布された「横断中」の旗

8月23日水曜日、市民会館において「いきいき交通安全体験講座」が開かれました。この講座は、交通安全協会津久見支部、シルバードライバー協議会、女性ドライバー協議会、盛人クラブの皆さんに呼びかけ約80人の参加のもと開かれました。大分県警の講師から、自分の命を守る横断方法として「右をみて、左を見て、もう一度右を見て渡りますが、道路の中央まで来たときにもう一度左を見て、左から車が来ていないか確認することが大切です。」との説明がありました。参加者は、歩行シュミレーターで実際の横断方法について学び、加えて、危険予測トレーニングで「自動車運転の際の危険予測」について体験しました。また、事務局からは秋の全国交通安全運動のチラシとあわせて、昨年施行された「部落差別解消推進法」のチラシが配布され説明がありました。参加者には、反射材や新しく作成された横断中の旗も配られ、9月1日から始まる新学期の児童・生徒の登校に向けて、交通安全の機運を盛り上げることとなりました。津久見市は、交通死亡事故ゼロが8月28日現在で696日を達成しています。悲惨な交通事故の犠牲者を出さないために、「オール津久見」で交通安全をすすめましょう。


市公認のキャラクター「つくみん」

津久見市役所

〒879-2435 大分県津久見市宮本町20番15号

Tel:0972-82-4111(代表) Fax:0972-82-9520 組織別電話番号一覧 メールでのお問い合わせはこちら

開庁時間:月曜日から金曜日 8時30分から17時まで(土曜日・日曜日・祝日は閉庁)