ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 税金 > 市民税・県民税 > 公的年金特別徴収税額の平準化について

公的年金特別徴収税額の平準化について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年7月6日更新

公的年金特別徴収税額の平準化について

年金支払金額や所得控除の適用状況の変化に伴い(特に医療費控除額の変化=税額の影響が大きい)、年税額が前年度の額よりも大きく変動した場合には、本徴収額(10月・12月・翌年2月)と仮徴収額(4月・6月・8月)に差が生じることとなります。特に差が大きい場合には、仮徴収額が年税額を超えてしまい、還付が生じていました。この差を小さくするため,平成29年(2017年)4月1日以降の仮徴収税額が,前々年中の公的年金等に係る所得割額及び均等割額の合算額の2分の1に相当する額に変更されます。

 仮徴収本徴収
4・6・8月徴収10・12・翌2月徴収
改正前(平成29年2月まで)前年2月の金額と同じ金額を仮徴収で引く年税額-仮徴収税額
改正後(平成29年4月から)(前年の年税額÷2)÷3年税額-仮徴収税額

市公認のキャラクター「つくみん」

津久見市役所

〒879-2435 大分県津久見市宮本町20番15号

Tel:0972-82-4111(代表) Fax:0972-82-9520 組織別電話番号一覧 メールでのお問い合わせはこちら

開庁時間:月曜日から金曜日 8時30分から17時まで(土曜日・日曜日・祝日は閉庁)