ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 新型コロナウイルスに関するお知らせ > 新型コロナウイルス感染症対策を踏まえた災害時の避難のポイント
今、考え備えよう!新型コロナ×災害避難
市民向け情報(市長メッセージ・電話相談窓口など)
市民向け情報(生活者への支援)
市民向け情報(市主催のイベント、公共施設等、市役所の対応)
市民向け情報(小中学校・こどもに関すること)
市民向け情報(お知らせ・お願い)
事業者向け情報
緊急経済対策支援情報
各種相談や支援窓口の一覧(新型コロナウイルス感染症対策)
一人ひとりの新型コロナウイルス感染症対策
大分県の情報

新型コロナウイルス感染症対策を踏まえた災害時の避難のポイント

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年7月7日更新

 新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災害時には危険な場所にいる人は迷わず避難することが原則です。

 新型コロナウイルス感染症への感染リスクがある中で、災害の危険が迫り、避難をする場合には、感染症対策に万全を期すことが重要です。

 これまでと同じ避難のあり方では、密閉した空間に多人数が密集し、密接する距離となる「3密」の条件がそろいやすく、感染症が拡大するリスクが高くなってしまいます。

 そこで、新型コロナウイルス感染症対策を踏まえた避難のポイントをお知らせします。

 

1.避難先を検討する

・避難とは、「難」を「避」けること。安全な場所にいる人まで避難場所に行く必要はありません。

・市が指定する避難場所に行くことだけが避難ではありません。

・市が作成しているハザードマップを確認し、浸水する可能性や土砂災害の危険性がない場所に自宅がある方で、自宅で安全を確保できる場合は在宅避難を検討することも重要です。

・断水や停電に備えて、水、食料、カセットコンロなどの燃料、災害用の簡易トイレなどを家族全員の1週間分を目安に備蓄しておきましょう。

・自宅が危険な場所にある場合は、避難所が過密状態となることを防ぐため、安全が確保できる親戚や知人宅、ホテル等への避難も検討してください。

・災害時の状況に応じて、市が指定する避難場所、避難所が変更・増設されている場合がありますので、防災行政無線、市のホームページ等で確認してください。

・豪雨時の屋外の移動は、車も含め危険です。やむを得ず車中泊をする場合は、公設避難所の駐車場などで、周囲の安全確認を十分に行ってください。

2.避難場所・避難所へ持参するもの

 市の備蓄品には限りがあるため、感染防止や健康状態の確認のために必要となる物を可能な限り持参してください。

避難するときの持ち物

 ・マスク(マスクがない場合は手ぬぐいや、鼻や口を覆うハンカチなど)

・消毒液 ・体温計 ・ウェットティッシュ、ペーパータオル

・タオル ・ビニール袋 ・スリッパ ・服薬中の薬 ・お薬手帳

・食料、飲料 ・現金 ・預金通帳、健康保険証、運転免許証、カード類などのコピー

・印鑑 ・懐中電灯 ・スマートフォン、携帯電話 ・携帯ラジオ

・モバイルバッテリーや乾電池 ・携帯トイレ

3.避難場所・避難所での過ごし方

避難所に入る前に、受付での検温、体調チェックを行いましょう。

・食事前、トイレ使用後、ごみ処理後等、頻繁に石鹸と水で手洗いをしましょう。

・水を十分に確保することが困難で手洗いができない場合は、アルコール消毒液で代用しましょう。

・咳エチケットを徹底しましょう。

・飛沫感染を予防するため、咳等が出ていない場合もマスクを着用しましょう。

・アルコール消毒液は、避難所の出入口に設置されていますので、入館時には必ず手指の消毒を行いましょう。

・避難所へ避難された方々で運営スタッフの役割を決め、避難所内の物品及び施設等は、定期的に、また目に見える汚れがあるときに、家庭用洗剤を用いて清掃しましょう。

・避難所内は、可能な限り、定期的(1時間に2回程度)に換気を行いましょう。

・避難者同士は、2m程度の距離を保ちましょう。

・食事時間をずらして密集・密接を避けましょう。

・寝るときの向きは、互い違いにし、飛沫感染を避けるよう気を付けましょう。

・毎日体温を測り、自身の健康状態を確認しましょう。

・体調不良の場合は、我慢せず、すぐに避難所のスタッフに相談しましょう。

 4.体調不良者、特に配慮が必要な方の避難先について

 避難者への新型コロナウイルス感染症への感染リスクを避けるため、避難者の体調に応じた避難先を準備します。

 自宅待機者・療養者(PCR検査結果待ちor陽性)

 大分県が指定する避難施設があります。まずは、大分県中部保健所(0972-62-9172)に御連絡ください。

 感染症を疑う有症状者(発熱、咳等)

 新型コロナウイルス感染症を疑う自覚症状がある方は、まずは、大分県中部保健所(0972-62-9172)に御連絡ください。

 その他の方は、市の公設避難所(小中学校の体育館など)の受付で、検温、問診を受けたのち、津久見市が指定する専用避難施設に移動していただきます。移動には、なるべく御自身又は家族等の車両を利用してください。

介護が必要など一般の避難所での避難生活が困難な要配慮者

 市が指定する福祉避難所に避難することができます。まずは、津久見市災害対策本部(0972-82-4115)に御連絡ください。

一般の避難者

 自主防災会が運営する避難所(地区集会所など)又は市が設置・運営する避難所(小中学校の体育館など)があります。

 開設状況は、各地区の自主防災会または津久見市災害対策本部(0972-82-4115)にご連絡ください。