津久見市仙水遊漁センター及び附帯施設の設置並びに管理に関する条例施行規則
                         昭和61年7月1日規則第12号
改正 
平成元年3月31日規則第21号 
平成14年3月28日規則第15号 
 
平成18年6月28日規則第40号 
 
 津久見市仙水遊漁センター及び附帯施設の設置並びに管理に関する条例施行規則(昭和 54年規則第13号)の全部を改正する。  (趣旨) 第1条 この規則は、津久見市仙水遊漁センター及び附帯施設の設置並びに管理に関する  条例(昭和54年条例第24号。以下「条例」という。)の施行に関し、必要な事項を定め  るものとする。  (施設の内容) 第2条 津久見市仙水遊漁センター及び附帯施設(以下「センター」という。)の構造、  規模の内容は、別記のとおりとする。  (利用の申請及び許可) 第3条 条例第4条の規定により、利用の許可を受けようとする者は、利用料を添えて、  利用の申込みを行い、市長の許可を受けなければならない。 2 前項のうち、遊漁船により、海洋つり場、磯つり場(貴船島)の利用の許可を受けよ  うとする者は、原則として、利用しようとする日の3日前までに、文書又は口頭により、  利用の申込みを行い、市長の許可を受けなければならない。 3 前2項の許可は、入場券等の交付によりこれを行うものとし、それぞれの利用区分に  従い、利用するものとする。  (遊漁船利用許可基準) 第4条 前条第2項の遊漁船利用許可基準は、次に定めるとおりとする。  (1) 海洋つり場、磯つり場(貴船島)を利用しようとする遊漁船は、大分県漁業協同   組合津久見支店に組合員として所属し、かつ、津久見市にセンター利用の届出をした   者でなければならない。  (2) 遊漁船は、船舶安全法(昭和8年法律第11号)等に定める基準に適合するもので   なければならない。  (入場券等) 第5条 第3条第3項の入場券等は、次に定めるとおりとする。  (1) 大人入場券(第1号様式)  (2) 子供入場券(第2号様式)  (3) 瀬渡しあっせん券(第3号様式)  (4) つり船あっせん券(第4号様式)  (利用時間) 第6条 センターの利用時間は、午前8時から午後5時までとする。ただし、市長が必要  と認めたときは、時間を変更することができる。  (休場日) 第7条 センターの休場日は、次のとおりとする。  (1) 毎週月曜日  (2) センターの管理上必要があると市長が認めるとき。 2 市長は、必要があると認めるときは、前項第1号の規定にかかわらず、開場すること  ができる。  (入場等の制限) 第8条 学齢に達しない者は、保護者の同伴又は引率がなければ、センターに入場するこ  とができない。  (利用料の減額又は免除) 第9条 条例第8条の規定により、利用料については、次の各号に該当する場合、それぞ  れ当該各号に定める利用料の額に減額又は免除することができる。この場合に、割引印  (第5号様式)を入場券にそれぞれ押印して利用させるものとする。  (1) 団体が、15人以上30人未満で利用しようとするとき      1人につき 大人 260円 子供 130円  (2) 団体が、30人以上50人未満で利用しようとするとき      1人につき 大人 210円 子供 110円  (3) 団体が、50人以上で利用しようとするとき      1人につき 大人 160円 子供 70円  (4) 小学校の児童が、社会見学のため、5人以上で利用しようとするとき      1人につき 子供 70円  (5) 心身障害者又は市長が特に認めた者が、研修又は見学のため、利用しようとする   とき      1人につき 大人 無料 子供 無料  (利用者の遵守事項) 第10条 利用者は、条例で定める事項のほか、次の各号に掲げる事項を守らなければなら  ない。  (1) 設備及び器具等の使用に当たっては、係員の指示に従うこと。  (2) 粗野又は乱暴な言動で他人に迷惑をかけないこと。  (3) センター内を不潔にしないこと。  (4) 許可を受けないで物品の展示販売又はこれに類する行為をしないこと。  (5) その他管理者の指示に従うこと。  (秩序維持) 第11条 市長は、次の各号のいずれかに該当する者に対しては、センターへの入場を拒絶  し、又は退場を命ずることができる。  (1) 他人に迷惑又は危害を及ぼすおそれのある者  (2) センター又は各種設備等をき損又は滅失するおそれのある者  (3) 前2号に掲げるもののほか、センターの管理上市長が支障あると認めた者 2 前項の規定により使用の停止された場合の利用料は、これを還付しない。  (安全対策) 第12条 市長は、センターにおける事故を未然に防止し、安全を確保するため、救助用具  を備え付けるとともに、事故防止並びに事故発生措置訓練を必要あるごとに実施しなけ  ればならない。 2 開場中に事故が発生したときは、人命尊重を第一として次の各号の定めるところによ  り迅速かつ的確な措置を講じなければならない。  (1) 利用者の避難誘導実施  (2) 人身事故に対する早急な救助及び応急手当の実施  (3) 被害者の身元確認の実施  (4) 二次災害及び被害拡大の防止のための適切な措置の実施  (5) 被害状況の把握及び関係先への連絡の実施  (委任) 第13条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。    附 則  この規則は、公布の日から施行する。    附 則(平成元年3月31日規則第21号)  この規則は、平成元年4月1日から施行する。    附 則(平成14年3月28日規則第15号)  この規則は、平成14年4月1日から施行する。    附 則(平成18年6月28日規則第40号)  この規則は、平成18年9月1日から施行する。 別記(第2条関係)
津久見市仙水遊漁センター施設内容
    種類 
     構造 
     規模 
備考 
管理棟 
ブロック1階建 
のべ 
  60.8u 
  
管理事務室、待合室、救
 護室、便所、倉庫、釣
 餌保管冷蔵庫室 
  
  
天端幅 
  6.0m 
  
  
方塊堤 
高さ 
 +4.0m 
  
遊漁船用岸壁 
  
全長 
   41m 
  
  
天端幅 
  4.0m 
  
  
護岸 
高さ 
 +2.5m 
貴船
島 
  
  
全長 
   10m 
  
  
  
天端高 
 +4.2m 
  
駐車場 
アスファルト舗装 
全長 
   90m 
  
  
  
面積 
 1,889u 
  
  
  
天端幅 
  3.5m 
  
  
方塊堤 
高さ 
 +3.0m 
仙水
島 
釣場施設 
  
全長 
  110m 
  
  
天端幅 
  1.0m 
  
  
護岸 
天端高 
 +3.3m 
駐車
場前 
  
  
全長 
   90m 
  
  
遊歩道 
コンクリート舗装及び玉
砂利 
幅員 
  1.5m 
仙水
島 
  
全長 
 163.2m 
  
  
  
ネット長 
  100m 
  
  
  
スチール製仕切網 
ネット高 
  4.5m 
  
附帯
施設 
海洋つり堀 
  
つり堀面積 
 4,000u 
セン
ター
地先 
  
  4.0m 
  
魚種観覧水槽 
長さ 
  8.0m 
  
  
  
高さ 
  1.0m 
  
  
磯つり場 
天然岩礁 
のべ延長 
  312m 
仙水
島 
  
貴船
島 
  
海洋つり場 
センター沖合海面(コン
クリートブロック魚礁) 
字葉色東端より8°1,
200m270°800m90°2,
000mの海面1,200,000u 
  
第1号様式 第2号様式 第3号様式 第4号様式 第5号様式